感染防止策を継続しながらwithコロナの子育てライフを楽しみましょう

小・中学校・放課後児童会

浜松市立小中学校の現在の対応は?

学校内でのクラスターを発生させないように感染対策がなされた「新しい生活様式」で学校生活が開始されています。

新型コロナウイルス感染症への対応について学校、教育委員会の対応が示されています。
感染の疑い、感染者が発生してしまったときは、市内一斉休校ではなく、個別に学校休業(部分休業・全体休業)や出席停止などの対応がなされます。

市立小中学校及び市立高等学校の新型コロナウイルス感染症への対応について/浜松市

学習について

遅れた学習を取り戻し年間の授業時間数が確保できるように、一日の授業のコマ数を増やしたり、夏休み・冬休みの短縮により対応されています。

給食について

給食は、5~6名ごとに机を並び替えてグループを作っていたのが、授業と同じように、前を向いて給食を食べるスタイルに変わりました。
休校期間中の給食費については清算が行われます。

家での過ごし方

家庭学習について

休校期間中、学校より指定された宿題・課題を、家庭で各自学習していました。

親が見てあげられる時間が取れず、学習の遅れが出ないか心配です。他の家庭ではどうしているのでようか?

突然休校になってしまった小中学生の親は、子どもの家庭学習について、戸惑いや不安を感じていたことが、アンケートの結果からも分かります。

休校中の子どもの学習、どうしている? | 浜松市子育て情報サイト ぴっぴ

インターネットを探すと、教育コンテンツが多数公開されていますので、この機会に活用してみましょう。

学びのチャンスを活かそう!の記事一覧
「学びのチャンスを活かそう!」の記事一覧です。

健康管理について

生活リズムを整え、規則正しい生活を心がけましょう。
毎日体温測定と気になる症状がないか健康観察記録を行いましょう。

風邪などの症状がある場合は、「出席停止」となり、このくらいなら大丈夫! と思わずに、体調が悪い時には、休ませることにします。欠席日数にカウントされません。

放課後児童会(学童保育)

小学校の学校再開に伴い、5月18日(月)以降、学校開校日の通常の開設時間帯で開設されています。

放課後児童会において、感染防止のために、「3つの密」をできるだけ避けるよう工夫を行っておりますが、児童同士が直接触れ合って遊ぶことを制限するのは困難な状況です。また、施設の状況や利用児童数、マスク・消毒液等の衛生用品の不足等により、放課後児童会の利用にあたっては、少なからず感染のリスクが伴うことより、可能な範囲で放課後児童会の利用の検討をお願いいたします。

今後の見込みは?

感染症対策を徹底したうえ、6月1日(月)から、通常登校になっています。
休校期間中の学習の遅れについて、夏休みや冬休みの短縮により授業日数を増やす、一日の時限を増やすなど、各学校ごとに対応が行われます。

文部科学省からは、5月15日付けで、小中学校、高校の最終学年を除き、学習内容の一部を翌年度以降に繰り越して履修することを特例的に認めるとともに、学校での対面での授業は協働学習や実習などに重点化し、個人でもできる学習内容は情報通信技術(ICT)を活用した自宅学習が進められるように環境整備を行う方向性が示されています。

今後の対応は、市内の感染状況等により変更となる可能性があります。

浜松市の公式情報リンク

浜松市立の小中高等学校における新型コロナウイルス感染症への対応/浜松市
タイトルとURLをコピーしました