新型コロナの“いま” についての10の知識

室温を下げたくない!冬の上手な換気方法

寒波の影響で、強風や急激に気温が下がることが心配されます。新型コロナ対策で換気をしたいけれど、「どうしたら室温を下げずに換気ができるの?」と頭を悩ませているところではないでしょうか。

厚生労働省では、換気による室温変化を抑えるポイントとして、換気したい部屋に直接外の冷たい空気を入れるのではなく、まず別の部屋や廊下に外の空気を入れ換気を行い、そのあとに少し暖まった空気を換気したい部屋に取り入れる「二段階換気」を推奨しています。
部屋を暖めながら一方向の窓を少しだけ開け、常時換気することも効果的だそうです。


また、空調機器メーカー大手のダイキン工業では、冬場の家庭での効果的な換気方法として以下のようにコツをまとめています。

冬場の換気のポイントは……

  1. 起床時・帰宅時:ONタイマーを活用して、事前に暖房を入れ部屋を暖かくしてから窓開け換気
  2. 換気時:寒さが気になる時は夏よりも少し短めの窓開け換気を1時間に2回
  3. 換気時:エアコンから離れた窓を開ける

の3つです。

上手な換気の方法~住宅編~ | ダイキン工業株式会社
ダイキンは空気・空調の専門家として、換気することによって、健康で快適な生活に役立つ情報をお伝えしていきます。意外と知らない24時間換気システムの正しい使い方や、部屋のタイプや窓位置による効果的な換気の方法など、換気の基礎知識からご家庭でできる上手な換気方法についてご紹介します。

換気をすることはもちろん大切ですが、外気温の低い冬は、換気による急激な室温の低下にも留意する必要があります。それぞれの家庭の状況に合った換気の方法を見つけ、この冬を乗り切りましょう!

タイトルとURLをコピーしました