感染防止策を継続しながらwithコロナの子育てライフを楽しみましょう

新型コロナ感染者との接触情報アプリの活用

国や自治体が作成したアプリやシステムを利用し、感染者との接触が確認できます。感染してもほとんど症状がない場合もあり、気づかないうちに感染していた、気付かないうちに周りの人に広げていたということを防ぎ、自分の安全を守るために利用するシステムです。厚生労働省が提供している接触確認アプリ「COCOA」と、浜松市が独自に運用しているLINEを使った「はままつLINEコロナ身守りシステム」を紹介します。

厚生労働省 接触確認アプリ「COCOA」

仕組みや概要

「COCOA」は、スマートフォンにアプリをインストールすることで、同じアプリ利用者同士が1m以内、15分以上一緒にいると、お互いの情報を交換する仕組みとなっています。近距離無線通信規格「ブルートゥース」で相手の端末をお互いに記録していく仕組みで、位置情報などの個人情報の利用はありません。新型コロナウイルス感染症の陽性となった場合、COCOAから陽性の報告をすると、過去14日間に対象となる人に通知が届きます。

利用するメリット

これにより濃厚接触の可能性が判明し、相談や検査へと繋げることとなります。

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Applicationを掲載しています。

はままつLINEコロナ見守りシステム

仕組みや概要

「はままつLINEコロナ身守りシステム」は、店舗・施設やイベント会場等に掲示されたQRコードを、施設の利用者等がLINEアプリで読み取っていただくことで、後日、施設の利用者等が新型コロナウイルスに感染したことが判明した場合に、感染者と同一時間帯に利用した方へ通知される仕組みです。

「はままつLINEコロナ身守りシステム」市民の皆さま向け利用方法/浜松市

登録方法&利用方法

まずは、浜松市LINE公式アカウント「しゃんべぇ情報局」に友達登録を行います。友達登録は初回のみです。コロナ関連ばかりでなく浜松市の厳選した耳より情報や、災害情報が配信されます。

浜松市LINE公式アカウント「しゃんべぇ情報局」/浜松市

次に、利用している施設に掲示されているQRコードを読み取ります。
LINEアカウントのプロフィール情報と、その日その時間に利用した施設名が記録されます。利用者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等は記録されませんし、行動を追跡する機能もありません。同じ施設でも日時が違う場合は毎回登録を行います。

もし感染者との接触履歴があったらどうなるの?

施設の利用者等が新型コロナウイルスの感染が判明し、同一時間帯の利用者に感染の可能性が高いと判断された場合に、LINEからメッセージが届きます。メッセージを受け取った方は、メッセージに記載された連絡先に電話することで、スムーズな案内・対応が受けられます。

実際メッセージが届いたら、びっくりするでしょうし、「自分が感染したかも、どうしよう」と思うと正直怖いですが、その時点では同じ施設の同じ時間帯の利用者に感染者がいたという事実にすぎず、本当に感染しているかどうかは検査をしないと分かりません。
症状が出ない場合もあるため、感染しているかどうか分からないまま、周りに広げないためにも、少しでも早くメッセージに記載された連絡先に相談してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました